帯文データベース

新着情報(Amazonアソシエイト)

小松左京 @小説家・2022/11/17
深みのある口跡と高座での端然とした姿勢は、上方落語の歴史と品格を伝えてくれた。芸に対する見識の深さから学兄と仰いでいる米朝師の、はじめての写真集をみてあらためて長いつき合いをつくづくと思いだし、感無量である。

桂米朝 噺の世界(小佐田定雄,宮崎金次郎)

長嶋茂雄 @読売ジャイアンツ終身名誉監督・2022/11/17
今中君の芸術的なピッチングはいまでも目に焼き付いて離れない
そして、ひとりの野球人として自分との孤独な闘いに挑み続けた君の姿を、僕は永遠に忘れないでしょう。

悔いは、あります。(今中慎二)

広瀬章人 @将棋棋士・2022/11/15
アマチュア大会で穴熊ほど優秀な戦法はありません。この一冊で穴熊戦の戦い方を身につけてください。

穴熊道のすすめ―トップアマが語る手筋とコツ(美馬和夫,遠藤正樹)

Matt @タレント・2022/11/15
ママ、僕の“好き”をずっと応援してくれてありがとう

あなたはあなたのままでいい 子どもの自己肯定感を育む桑田家の子育て(桑田真紀)

はらだ有彩 @ライター・2022/11/6
強くて安全な言葉を使えば、簡単に見落とすことができる。だけど取り零された隙間に、誰かが、自分が、いなかったか?

まとまらない言葉を生きる(荒井裕樹)
新着情報一覧

information 「帯文データベース」は、帯文(推薦文、書評・解説の引用文など)を収集・掲載しています。帯文はキーワード検索できる他、推薦者のカテゴリーに従って「文芸」「文化・学問」「芸能・大衆文化」「政治・経済」「書店員・読者」に分けて掲載しています。